J.score(ジェイスコア)の審査はAIがやるってホント?申し込み方法や審査に通るコツを大公開

お金を借りる

J.score(ジェイスコア)は日本初、AIが審査を行る金融機関です。他の消費者金融より金利も低く、最短職実融資も可能など今までの消費者金融とは全く違います。今回は今注目のJ.score(ジェイスコア)を徹底解説。概要から申し込み方法・審査に通るコツまで徹底的に解説します。

審査はAIじゃないほうがいい!という方はこちらの記事も参考にしてください>>【2021年最新】無利息・低金利で安心して借りられるカードローンおすすめ5選

J.score(ジェイスコア)の特徴

J.score(ジェイスコア)基本情報

金利(実質年率)0.8~15.0%
最高限度額1000万円
Webからの申し込みWEBのみ・店舗や無人契約機なし
即日融資
受付時間24時間365日可
平日夜間・土日の融資可能

J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行とソフトバングが設立した貸金会社です。他の消費者金融機関と違い、店舗を持たず、無店舗型である点が特徴です。

「店舗がなくて大丈夫?」と不安に思う人多いかもれませんね。確かにJ.Score(ジェイスコア)の本社は東京都港区赤坂ですが、問い合わせを受けるカスタマーセンターが設置されています。また申し込みはWEB完結がメインで、ネットで済む点もポイント。誰にも合わずにお金を借りたい人にぴったりの金融機関といえるでしょう。

最高限度額が1000万円までである点や、金利など他の消費者金融と比較してもかなりメリットがありますね。特に注目したいのが金利でしょう。他の消費者金融では、初回契約時に適用される金利は最大金利の18%、もしくは近い数字です。しかしJ.Score(ジェイスコア)の場合、最大金利は15.0%と退社と比較してもかなり安く、スコアによってはさらに抑えられる可能性があります。

大手他社と違い無利息サービスなどはありませんが、金利が低い分気にならないといえますね。そのため「金利の低い貸金業者で借りたい!」と考えている人にも、J.Score(ジェイスコア)はぴったりです。

J.scoreでは日本初!AIスコアを採用

J.Score(ジェイスコア)では、日本で初めて申込者の審査にAIが導入されています。他の金融機関では、申込者情報をまずはスコアリングし、信用情報へ照会する方法が一般的です。そして最終的には人の目で判断し、融資の可否を決めています。しかしJ.Score(ジェイスコア)の場合、審査はAIスコアを採用。AIスコアとは、申込者の情報を元に信用力をAIがスコア化したものをいいます。さらに「AIスコア・レンディング」は他社にはない、J.Score(ジェイスコア)だけのサービスです。

スコアランクとは

J.Score(ジェイスコア)のスコアランクは、160問以上に及ぶ質問への解答を分析し、申込者の信用力を判断する方法です。AIは現在の信頼力で判断せず、将来性も含めた結果で審査を行います。そのため現在信用力に自身がない人も、「将来性あり」をAIが判断すれば、お金を借りられる可能性があるのです。しかし「将来の信用力なんて加味して大丈夫?」と思いますよね。

もちろんJ.Score(ジェイスコア)側にもしっかりとしたメリットがあるんです。他の消費者金融の場合、現在の信用力が低い人には貸し付けができません。しかしJ.Score(ジェイスコア)では、将来的な信用力を判断し、見込み客を取り込む狙いもあるのです。そのため「審査が厳しくない」といった声もあるそうですね。

本当に審査は厳しくないのか?真相については後述します。

J.scoreにはスコアランクに応じたリワード(特典)がある

J.Score(ジェイスコア)ではスコアおよびスコアランクに応じて、様々なリワード(特典)受られるサービスがあります。主な特典は以下の通りです。

スコアランクリワードスコア特典(一例)
ダイヤモンド950〜1000・JTBロイヤルロード銀座コーディネート限定特典付きツアー

 

・一休.comダイヤモンド会員特典

・高島屋の特別優待案内

・オリコのゴールドカードの初年度年会費無料

・ALSOKのホームセキュリティ新規申込特典

・RIZAPの入会金無料

・カレコ・カーシェアリングクラブの特別優待

など

プラチナ900〜949・一休.comダイヤモンド会員特典

 

・高島屋の特別優待案内

・オリコのゴールドカードの初年度年会費無料

・Huluの無料期間の延長

・カレコ・カーシェアリングクラブの特別優待

・テックアカデミーの講座特別割引

など

ゴールド800〜899・一休.comダイヤモンド会員特典

 

・高島屋の特別優待案内

・オリコのゴールドカードの初年度年会費無料

・Huluの無料期間の延長

・カレコ・カーシェアリングクラブの特別優待

・マネーフォワードを30日間無料でお試し

・インソースの受講料割引

など

シルバー700〜799・オリコのゴールドカードの初年度年会費無料

 

・ALSOKのホームセキュリティ新規申込特典

・Gabaの無料レッスンプレゼント

・RIZAPの入会金無料

・Huluの無料期間の延長

など

ブロンズ600〜699・ALSOKのホームセキュリティ新規申込特典

 

・Gabaの無料レッスンプレゼント

・RIZAPの入会金無料

・Huluの無料期間の延長

など

ピューター〜599・RIZAPの入会金無料

 

・Huluの無料期間の延長

など

リワードへのエントリー方法は?

リワード(特典)を利用するには、あらかじめエントリーが必要です。エントリー方法は以下の通りです。

①AIスコアを取得する

J.Score(ジェイスコア)に申し込みした全員に、AIが判断したスコアが与えられます。スコアは今度の利用状況に応じて上がる可能性がありますよ。

②エントリーする

メンバーシップ画面から「リワード」を選択肢、エントリーしましょう。エントリーは無料でできますが、申し込み時に氏名や住所・生年月日の入力が必要です。

③スコアランクを確認する

スコアランクは毎月更新されます。利用できるリワードもスコアによって変わってくるため、毎月チェックするのがおすすめです。

J.scoreの申し込みから審査までの流れは?

J.Scoreを利用するには、申し込みが必要です。ここでは申し込みの手順について見ていきましょう。

①必要な情報の入力

J.Score(ジェイスコア)のホームページより、「AIスコア診断」もしくは「いますぐお申し込み」をクリックし、申し込みに進みましょう。J.Score(ジェイスコア)はネット以外からの申し込み受け付けは行っていません。店舗や無人契約機はないので注意しましょう。

申し込み完了後、仮審査の結果がメールで届きます。

②本人確認書類の提出

仮審査結果を確認し、スマホやパソコンから必要書類をアップロードし、提出します。使える本人確認書類は以下の通りです。本人確認書類を提出する場合は、有効期限が切れていないことを確認しましょう。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

その他、場合によっては収入証明書の提出が必要です。収入証明書を求められた場合は、以下の書類を提出しましょう。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得(課税)証明書

など

③本審査結果を確認し、正式な契約を行う

必要書類の提出後、本審査の結果がメールで届きます。最終的に融資可能な金額なども記載されているため、内容をよく確認しましょう。問題なければ契約手続きをして完了です。

④借入

借入は24時間ネットで申し込みOK。メンテナンス時間を除けば、平日夜や土日・祝日など、いつでも借入可能です。借入方法はWEBから申請を行うだけ。最短即日で銀行口座にお金が振り込まれます。

J.scoreの審査基準で必要なスコアは600以上必要!上げる方法はある?

J.Score(ジェイスコア)でお金を借りるためには、1000点中、600点のスコア取得が必須です。もし600点を切ってしまった場合、審査に進めないため注意しましょう。もちろんスコアが高いほど、希望融資額が受けられる可能性が高くなります。またJ.Score(ジェイスコア)ではスコアは審査の重要なポイントだけに留まりません。

高スコアを獲得するほどに、リワード(特典)もお得になりますよ。

スコアを劇的にアップさせる裏技はありませんが、J.Score(ジェイスコア)の公式サイトではスコアアップに必要なポイントが公開されています。

情報はなるべくたくさん入力する

スコアは利用者が入力した情報をもとにつけられています。情報が少なければ、AIも判断のしようがありませんね。分析精度を上げるためにも、J.Score(ジェイスコア)に求められた質問には正確に応えましょう。

情報を携帯する

J.Score(ジェイスコア)はソフトバンクまたはワイモバイル・Yahoo! JAPAN・みずほ銀行などに記録された情報と連携可能です。各情報と連帯すれば、様々なメリットが得られます。

レンディングの金利がそれぞれ年0.1%引下がる(最大年0.3%ダウンも)

各情報の取引データをスコアに反映。利用状況によっては、さらなるスコアアップも可能。

だたしJ.Score(ジェイスコア)のホームページによると「みずほ銀行やソフトバンクとの取引期間が短い場合は、スコアに反映されない」と記載があります。スコアアップのために慌ててみずほ銀行の口座を作ったり、ソフトバンクと契約してもすぐには反映されないと考えられます。

行動を記録し、反映していく

J.Score(ジェイスコア)のスコアに影響をもたらすものは、他にもあります。一見、関係ないと思われる利用者の日々の生活態度も、時に判断基準となります。運動や学習・睡眠などの情報をJ.Scoreアプリに記録し、生活スタイルの管理が可能です。よい生活習慣を維持すれば、スコアラングアップも目指せます。他社の審査では年収や利用状況だけで信用力を決められることも…。J.Score(ジェイスコア)ではその以外の部分も判断材料にするため、自分次第で信用力アップも可能です。普段の行動がランクに反映されるのは、ゲームのようで楽しいかもしれませんね。

J.scoreのスコアを下げてしまう理由は?

J.Score(ジェイスコア)を利用する際、「少しでもスコアを上げたい」と考えるのが本音ですよね。スコアを上げる明確な方法はありませんが、下げる恐れのある理由は分かっています。ここではスコアを下げてしまう原因について知っておきましょう。

虚偽報告は禁止

J.Score(ジェイスコア)に申しむ際、虚偽報告をするのは厳禁です。稀に審査を有利に勧めようと嘘の方法を申告する人がいますが、絶対にやめましょう。万が一バレてしまった場合、契約解除はもちろん、借入金額の一括返済を求められる可能性もあります。

信用情報は必ず確認される

「J.Score(ジェイスコア)はAIが判断するから、信用情報は関係ないのでは?」と思うかもしれませんね。しかし信用情報は必ず確認されるので注意しましょう。AIの判断材料の中には申込者の信用情報も含まれています。信用情報に破産や遅延などの金融事故情報が残っている場合、審査に通る可能性は低いでしょう。

みずほ銀行で金融事故やトラブルを起こしたことがある

J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行と情報が共有されている可能性があります。もし過去にみずほ銀行と返済トラブルを起こしたことのある人は注意しましょう。知らない間にブラックリストに登録されており、J.Score(ジェイスコア)の審査に落ちる可能性があります。

他社借入れ状況にも注意

他社から借入がある人は、J.Score(ジェイスコア)の審査に落ちる可能性があります。特に注意したいのが、総量規制です。総量規制とは、貸金業者から借りられるお金を「年収の三分の一」までに抑える決まりを指します。そのためすでに、仮に年収600万円の人がお金を借りる場合、200万円が限界です。J.Score(ジェイスコア)を利用する際は、現在の借り入れ状況を把握した上で申し込みましょう。

ジェイスコアキャッシングという似た名前のヤミ金に注意!

SNSなどで検索したところ、ジェイスコアキャッシングというJ.Score(ジェイスコア)にそっくりな闇金があったため注意しましょう。

もちろんJ.Score(ジェイスコア)とは全くの無関係です。ジェイスコアキャッシングは融資広告のメールを何度もしつこく送りつけるなどの被害が報告されています。また融資を申し込んでも携帯の分割購入を勧め、最新機種を奪い取る詐欺まがいの行為をしている悪質な会社です。

その証拠に貸金業法上で義務ずけられている登録番号が見当たらず、金融庁のホームページでもヒットしません。
ちきんとした貸金業者は貸金業法に沿って業務を行っています。もし不安があれば、登録番号を聞いてみるとよいでしょう。もし答えられないような業者には、近づかないのが無難です。

同名や似たような社名を名乗り、ユーザーを誤解させるのは悪徳業者の常套手段です。決して引っかからないようにしましょう。

まとめ

J.Score(ジェイスコア)は、AIと取り入れるなど全く新しい金融機関です。金利も15.0%と他の消費者金融よりも低めなので、「金利を抑えたい!」と考える人にぴったりでしょう。AIスコア判定は無料なので、まずは自分が借り入れ可能かどうかを確認してみてくださいね。

審査はAIじゃないほうがいい!という方はこちらの記事も参考にしてください>>【2021年最新】無利息・低金利で安心して借りられるカードローンおすすめ5選

コメント