銀行員が教えます。水商売の人がお金を借りるコツ5選!融資審査に通りにくいと言われる理由は

お金を借りる

「水商売をしている人はお金を借りるのが難しい」というのが金融業界では通例です。
実際にそのような統計があるわけではありませんが、住宅ローンや自動車ローンなどの額の大きい融資を受けることの出来なかった水商売の方は一定数いらっしゃるようです。

今回は水商売の方がお金を借りるコツや、お金を借りにくいと言われる理由について解説します。

大手で審査が通らなかったという人向けの、審査の通りやすいカードローンも紹介します。

銀行員が教えます。水商売の人がお金を借りるコツ5選!

銀行員が教えます。水商売の人がお金を借りるコツ5選!

水商売の方のなかには「審査に通れるか不安…」という方もたくさんいらっしゃると思います。実は同じ仕事をしていて、同じ年収であっても審査に通過する人もいれば落ちてしまう人もいるのです。ここからは、カードローンの審査に通過するための方法について解説します。

毎月の安定した収入を作る

上述の通り、お金を借りる際には「安定した収入」が必須となります。ここで疑問に思うのが「安定した収入とはなにか」ということです。
結論から言えば、「毎月きちんと安定した給料をもらっていること」が「安定した収入」の定義となります。
お金を貸す側にとっては貸したお金がしっかりと返済されるかが最大の関心事です。返済は毎月定められた期日に一定額ずつ行うことになるので、「安定した収入」がないと返済が難しいとみなされるのです。

したがって、年収でのトータルでいくらの収入があるかは重要ではなく、毎月継続した一定の収入があることが重要です。
水商売で働いている方で歩合制の方は基本給が保障されている職場や確実に一定額が貰える職場への転職を考えてみるといいかもしれません。

希望額を少額にする

融資の申込みの際には借入希望額を出来るだけ少額にしておきましょう。
お金を借りるなら出来るだけ多く借りたいというのが心理ですが、水商売の方の場合は審査が厳しくなりがちです。

年収がとても多い人気のホストやホステスの方であっても同様です。借入希望額が高額になるほど審査は厳しくなります。
反対に希望額を少なくしておくことで、審査通過の可能性を格段に高められるだけではなく、在籍確認をしないこともあります

アリバイ会社を使わない

世の中には「在籍確認をされたくない」という方のために勤務先を隠しておくことを目的とした「アリバイ会社」というものが存在します。ペーパーカンパニーのようなもので、登録をすれば、在籍確認を代わりに受けてくれるというサービスです。水商売の方以外にも無職の方などが利用されているようです。

融資審査に通過したい気持ちや勤務先に借入を知られたくという気持ちは分かりますが、アリバイ会社を利用する行為は絶対に止めておきましょう。

なぜなら、金融機関では「アリバイ会社リスト」なるものが存在し、たとえアリバイ会社を利用してもバレてしまい、審査に確実に落ちてしまいます。また、アリバイ会社を利用すること自体が契約違反行為であり、詐欺罪の対象となります。最悪の場合は刑事訴追されることもあり、お金を借りるどころではなくなります。

嘘の申告をしない

カードローンを利用するにあたり、「収入」や「職業」について嘘の深刻をする方がいます。しかし、金融機関ではそのような事態を想定して、信用情報を確認したり、在籍確認をするなど徹底して、申告内容の真偽を確かめています。
結果的に嘘は簡単にバレてしまいます。

嘘がバレた場合にはそのカードローン会社の審査には永続的に通らなくなります。
他社へ申し込んだ場合にも「否決」という審査結果が残るため、借入ができなくなります。今後の人生で住宅ローンを組みたいと思っても、一切融資に通らなくなってしまうのです。

万が一嘘がバレずに借入ができたとしても、契約違反行為や詐欺罪となります。バレた場合は刑事訴追がされなかったとしても一括返済を要求されるので、資金繰りが非常に厳しくなってしまいます。

給与明細を保管しておく

最近では、銀行系のカードローンで所得証明書が不要なローンも増えてきましたが、借入可能な金額は非常に少ないことがほとんどなので、「どうしてもお金が必要!」という方には向いていません。
また、最初は所得証明書が不要でも後から追加で求められるケースもあるので、給与明細を準備せずに融資審査に申し込むのはかなり無謀な行為だと思ったほうがいいでしょう。
申請する際には必ず、最新の所得証明書を準備しましょう。

水商売の人でもお金を借りられる大手カードローン

お金を借りたい時に気軽に借りられるのがカードローンの魅力です。しかし、申込みたいと思っても「使ったことがないから、どのカードローン会社を選べばいいのか分からない」という方が多いと思います。ここからは水商売の方でもお金を借りられる大手のカードローンをご紹介します。

もしあなたがすでに大手のカードローン(アイフル、プロミス、アコム、レイクALSA、SMBCモビット)に申し込み経験があるようなら、その次に紹介する中小のカードローンを参考にしてください。

大手の審査に通る自信がない場合は、中小消費者金融のカードローン

大手消費者金融で審査に落ちたことがあると言う人は、中小消費者金融のカードローンをおすすめします。

「ブラックでも通る」と言われたりもするので、チャレンジする価値はあります。

関連記事:【即日融資】中小消費者金融業者のおすすめ10選!

水商売の人が融資審査に通りにくいと言われる理由とは?

水商売の人が融資審査に通りにくいと言われる理由とは?

誰でも「お金がなくてやばい!」というときはあるものです。
金融機関から融資を受けるためには融資審査に通る必要がありますが、一般的に水商売の人は審査に通りにくいと言われています。

「どのような基準で審査しているのか」「誰でもローンが組めるのか」など気になるところがあると思います。
それでは、なぜ水商売の人は審査に通りにくいのでしょうか。

収入の見通しが立たない人が多いから

消費者金融でお金を借りる場合には「安定した収入」があることが条件となっています。簡単に言えば、毎月一定額の安定した収入が入ってくることで、高い給料である必要はありませんが、「先月は50万円だったけど今月は3万円だった」という場合には波がありすぎて、安定しているというイメージではありません。

水商売と一言に言っても、飲食業や風俗業、ホストやホステスなど様々な業種の方がいます。なかには自ら水商売を経営している方もいらっしゃるでしょう。しかし、これらの職業は一般的に収入が不安定で、将来の見通しが立ちにくいと言われています。
自分で経営している場合は売上の変動によって、収入も変動しますし、水商売で働いている方の多くは、歩合制で個人の人気度によって収入が変動するため毎月安定した収入を見込むことが出来ません。このように収入が安定していないと「安定した収入がある」という審査基準を満たせないのです。

一方で、水商売であっても基本給が保証されている場合や出勤した分だけ給料が貰える場合、人気があって売上の一定額は報酬として保証されている場合には「安定した収入がある」ということになります。

離職率が高いから

金融機関では融資をする際に「信用力」を測るのですが、「職業」も信用力の需要なものさしの一つです。
なぜなら、離職率が高い業界で働いている=安定した収入が確保できないと判断されてしまうからです。
一般的に水商売の方は同じ会社で定年まで働き続けることは珍しく、お店を頻繁に変えてしまうこともあると思います。

仮に現在は安定した収入があったとしても、離職率の高い業界にいる場合には将来的に収入の見通しが立たない場合が多く、金融機関からは「信用力がない」と判断されてしまう傾向にあります。

在籍確認が難しいから

カードローン会社は融資の申込みがあると、申請者の勤務先へ「〇〇さんはいますか?」と在籍確認を実施します。

在籍確認は申請者が本当にその職場で働いているかどうかを確認するためのもので、確認が出来ないと審査に通ることが難しくなります。

しかし、一般的に水商売で働いている方、特に風俗やホスト、ホステスの方は在籍確認が取りづらいと言われています。なぜなら、水商売の場合は営業開始時間が遅く、カードローン会社が在籍確認をする時間帯には勤務先が営業を開始していないためです。

また、水商売では本名や年齢を隠して、源氏名だけ知られているという場合もあります。その場合にはお互いの本名を知らないので、在籍確認の連絡を受け取った人が「そんな人知りません」と返答してしまえば、在籍確認が難しくなります。

水商売の人で融資審査に落ちる人の特徴

水商売の人で融資審査に落ちる人の特徴

水商売で働いている人であっても融資審査に通る人と落ちてしまう人がいます。借入のためには審査に通る必要があるので、事前にカードローン会社の審査に通らない原因を把握しておけば対策を立てることが出来ます。

働き始めたばかりの人

先述の通り、カードローン会社が重視するのは「安定した収入」の有無です。収入の安定性を測るものさしとして申請者の勤続年数も見ています。
したがって、勤務期間が短くて、働き始めたばかりの人は再度転職して収入が不安定になる可能性があります。一方で、水商売で働いていて、そこまで個人的な人気がなくても勤続年数が長ければ審査に通る可能性があります。一般的には最低でも3ヶ月の勤続年数が必要であると言われています。

日雇いの人

「安定した収入」という観点では、日雇いの人は定職に就いておらず、将来性がわからないので、「収入が不安定である」とみなされます。したがって、職業欄に「日雇い」と正直に書いた場合はほぼ確実に審査に落ちることになります。

希望額が大きい人

年収に対して、借入の希望額が大きい人も審査に落ちやすいです。これはカードローン会社からお金を借りる倍には「総量規制」と呼ばれる法律によって規制されているからです。総量規制とは年収の3分の1を超えるような貸付をカードローン会社に禁じるものです。
したがって、年収の3分の1を超えるような大きい希望額を希望した場合には審査に通りにくくなります。審査に落ちてしまった人は年収に合わせて希望額を計算して、申請し直してみて下さい。

クレジットカードの滞納歴がある人

実はカードローン会社を含む金融機関は「信用情報」を共有しています。信用情報とは過去の借入や返済に関する情報であり、以前に信用情報に傷がつくような行為が合った場合は審査に通らなくなってしまいます。

クレジットカードの滞納は信用情報に関わる問題であり、カードローン会社からすれば「この人は以前クレジットカードを滞納しているから、うちでも返済を滞納するかもしれないな」と思われてしまい、審査に通りにくくなります。

一方で、明確な基準は判明していませんが、クレジットカードの滞納があっても、金額が小さかったり、相当期間を経過している場合には情報が抹消されて信用情報が綺麗になることもあります。審査に落ちてしまった方は少し期間を置いてから申請してみるといいかもしれません。

すでにキャッシングの借入が多い人

こちらも上述の総量規制に関する問題です。総量規制はカードローン会社のうち1社からの貸付額ではなく、利用者一人に対する貸付額の合計で見ます。したがって、すでにキャッシングなどの借入が多い方はカードローン会社に申し込んだ希望額と合わせて、年収の3分の1を超えてしまうと総量規制によって借入ができなくなってしまいます。

水商売の方のなかには高収入を得ている方や他にも仕事を掛け持ちしている方もいらっしゃいますが、すでにキャッシングが多いと上記の理由から審査に通りにくくなります。

住所不定の人

住所不定の方はカードローン会社を含め、金融機関から借入をすることは出来ません。なぜなら、カードローンに使用するカードを送付することが出来ないからです。

水商売の方のなかにはお店の特定のスペースに居住している方や家出同然で友達の家を転がり歩いている方もいらっしゃります。このような場合には実家などをカードの受取住所に設定しないと融資審査に通ることは出来ません。

まとめ

ここまで水商売の方がお金を借りにくいと言われる理由やお金を借りるコツについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。
最後に水商売の方がお金を借りるコツについてまとめておくと、

・毎月の収入がある
・希望額を少額にする
・アリバイ会社を使わない
・嘘の申告をしない
・給与明細を保管しておく

上記の点を工夫することによって、水商売の方であっても融資審査に通りやすくすることが可能です。

審査してみよう!と思ったらまずは大手カードローン

自信がないな…と思ったら中小消費者金融のカードローンへ申し込みしてみてはいかがでしょうか。

コメント