【朗報】お金を借りれる!低所得者とは?年収・性格や身なりなど、低所得者の特徴を12個解説。

低所得者とは?年収・性格や身なりなど、低所得者の特徴を12個解説 コラム

ニュースなどを見ていると「低所得者」というキーワードをたまに目にします。世界的に見ると日本は豊かな国と言われていますが、年収が平均以下である低所得者も一定数存在します。

低所得者の定義についてはっきりとしたものはありませんが、厚生労働省の国民生活基礎調査によると「年収200万円未満」とされています。(他にもいくつか低所得とみなされる条件あり)

本記事では低所得者について、性格や身なりなど各特徴を12個解説していきます。自身が低所得者の条件に当てはまってないか、確認してみてください。また、低所得者でもお金が借りられるという朗報もありますので、金欠でしんどい…という人はぜひ参考にしてみてください。

低所得者とは何か?その定義は?

お金がなくて困っている人

低所得者の定義は一般的には「年収200万円未満」手取り換算すると、住民税や所得税を差し引いて約170万円ほどです。低所得者が増えている要因には様々なものがありますが、最も顕著な要因が「非正規雇用」の拡大です。

派遣社員や契約社員など非正規雇用の拡大により、平均年収が低下している状態が続いています。20代の内は正規雇用・非正規雇用の間にそこまで年収の差はありませんが、30代・40代と年代が上がるにつれて正規雇用と非正規雇用の年収差が拡大していきます。

生涯年収で換算すると「1億円以上」もの差がつくとも言われるほどです。近年はコロナ禍の影響もあり、非正規雇用で働かざるを得ない人も増えている状態です。

低所得者に当てはまりやすい12個の特徴

低所得者とは?年収・性格や身なりなど、低所得者の特徴を12個解説

低所得者の人たちには、共通して当てはまる特徴がいくつかあります。今回はそれらの中でも顕著な特徴を厳選して12個紹介していきます。

①計画性がない

低所得者の人は、総じて計画性がない点が特徴です。給料の使い方や将来の貯蓄など、先のことを考えて行動するのが苦手な傾向にあります。目の前のことに衝動的にお金を使ってしまい、結果的にお金が貯まらない状態を作ってしまいます。手元にお金が残らないため、精神的にも経済的にもゆとりがなくなっていきます。この結果、冷静にお金を貯めることができなくなり、無駄な浪費へと繋がってしまうことが多いです。

②自分へのご褒美が多い

自分へのご褒美が多い点も、低所得者の特徴です。外食を頻繁にしたり、高い買い物を頻繁に行うなど自身の欲を満たすためにお金をたくさん使ってしまいます。当然ながら使えるお金は有限ですので、過度にお金を使ってしまうと一向にお金が貯まらない状態となる可能性が高まります。低所得者の中には、お金を使うこと自体に快感を得ている人も少なくありません。浪費の習慣が無くならないと、お金を貯めるのは難しいため、低所得者の状態を脱せない状態が続いてしまいます。

③部屋・服装が汚い

低所得者の方は、部屋・服装が汚い点も特徴です。整理整頓ができない、身の回りが整えられないことは、自身に対する管理能力の欠如に繋がってきます。自身の管理ができないと、お金の管理も甘くなりがちです。

お金を計画的に使えない人の多くは、高確率で整理整頓ができていないです。また、自分を客観視できていないケースも多く、今の自分の状態を正確に見れていないこともあります。

④収入以上の支出がある

低所得者の人は、平均よりも年収が低いにも関わらず、支出が多い傾向にあります。収入以上の金額を支出に回してしまうと、いつまでもお金は貯まりません。毎月収支がマイナスとなってしまい、結果的に低所得の連鎖から脱出できない状態が続いてしまいます。低所得者の人は、自身の支出額を把握していない人も多くいます。低所得者から脱するためにも、まずは自身の毎月の支出を正確に把握することが必須です。

⑤ギャンブルにお金を使う

低所得者の人はギャンブルにお金を使う傾向にあります。ギャンブルは1回勝ってしまうと、「次もまた勝てる」と思い込んでしまい、徐々に歯止めが効かなくなってきます。自身で賭け金を節制できれば問題ありませんが、低所得で余裕のない状態だと冷静な判断をしづらいです。結果としてギャンブルで生活費なども失ってしまい、再起するのが難しい状態まで追い込まれてしまいがちです。ギャンブルの欲にかられて、消費者金融などで借金をしてしまうケースもあります。

⑥ローンを多数組んでいる

カードローンや消費者金融など、多数のローンを組んでいるケースも多いです。1社のみであれば、毎月の返済金額はそこまで高くありませんが、複数のローンを使用していると月々の生活費を圧迫していきます。最悪の場合、ローンでローンを返済するという状態となってしまい、利子がどんどん膨らんでしまいます。毎月の返済で収入の大半が減ってしまう人も少なくありません。

⑦自炊をしない

低所得者の人は「自炊をしない」ことも多いです。コンビニや外食で食事を済ませる人が多い傾向にあります。品目にもよりますが、自炊をした方が食費は抑えやすいです。加えて栄養価も高くできます。これに対して、外食やコンビニ弁当の場合だと、量・栄養価に対して料金が割高になっています。価格が高いのに十分な栄養がとれず、日々の活力にも差が出てくるケースが多いです。

⑧成長のためにお金を使わない

仕事のスキル向上など自身の成長のためにお金を使わない点も低所得者の特徴です。長期的な視点に立ってお金を使うことが困難であるため、目の前の短期的な欲を満たすためにお金を使いがちです。このため、自己成長のためにお金を使えなくなり、結果的に現状を変えることができない状態に陥ってしまいます。

⑨転職回数が多い

低所得者の人は一旦定職に就いても、すぐに転職を繰り返してしまうことが多いです。転職を行う理由は人それぞれですが、短期間に転職を繰り返してしまうと十分なスキルが見に就く前に職を辞してしまうことになります。

「転職回数が多い+スキルがない」人の場合、企業の採用担当者からすると採用しづらい人材です。結果、条件が良くない会社でしか雇ってもらえなくなり、年収の低下に繋がってきます。

⑩物事を他人のせいにする

物事を他人のせいにする点も低所得者の特徴です。「自分が低所得であるのは社会のせい」といった具合に、自身が低所得である点を自分以外のものに当てはめようとします。特に、低所得者の人ほど、自信が低所得である理由を政治・経済のせいにする傾向にあります。

個々の事情にもよりますが、物事を他人のせいにしている限り、自力で年収を高めることは困難です。まずは、自分に何が足りないのか、何をすれば年収アップに繋がるのか考える習慣を付けなければなりません。

⑪ネガティブに考えやすい

低所得者の人は物事をネガティブに考えやすい傾向にあります。前向きに考えることができず、低所得を脱するための行動ができない状態です。「自分は一生低所得者のままだ」と深刻に思い込んでしまう人も少なくありません。ネガティブな気持ちが連鎖してしまって、周りの人に対して冷たくあたってしまうことも。結果的に人間関係も悪化してしまい、周りに頼ることもできなくなってきます。

⑫運動をしない

意外かもしれませんが、低所得者の人ほど運動はしません。低所得者の多くが時給制の非正規労働で働いています。時給制の仕事の大半は肉体労働の仕事です。仕事で体力を使ってしまうため、仕事以外で運動をする気になれない形です。

反対に、年収が高い人の多くはデスクワークになります。デスクワークであれば、肉体労働よりも体力を消費しづらいので、日常的に運動をしても体力的にはゆとりがあります。結果、年収が高い人ほど運動習慣が定着しやすいのです。

低所得者でもお金を借りられる!

低所得者だからといって、お金を借りられないことはありません。現行の貸金業法だと、年収の1/3までは貸金業者からお金を借りることができます。

冒頭で定義した”年収200万円”の低所得者であれば、60万円〜70万円は借りることができます。また、借入が初めてでかつ、50万円以下の借入の場合は収入証明は不要です。

もしこの記事にたどりついたきっかけがお金の借入についてであれば、上記記事も参考にしてみてください。

低所得者から抜け出すために、まずは行動しよう

低所得者の特徴、いくつか当てはまる項目はありましたか?低所得者から抜け出すためには、まずは行動することが第一です。考え込んでいるだけでは、何も解決しません。上記の特徴に該当しないよう、ひとつずつ行動を変えていきましょう。

コメント