【!閲覧注意!】金儲けのコツはリスクを取れ!ギャンブル要素のある儲け方7選を紹介

金儲けのコツはリスクを取れ!ギャンブル要素のある儲け方7選を紹介 株・投資・その他

※この記事は非常にギャンブル性の強い刺激の強い記事ですので、ご自身の責任のもとお読み下さい。

「まとまったお金が必要。」

「ちまちまと小銭を稼ぐのは性に合わない。」

「せっかくならガツンと稼ぎたい」

そんな思いをお持ちの方におすすめな、ギャンブル要素をはらんだハラハラドキドキする大金の稼ぎ方をご紹介します。
但し、ギャンブル要素のある稼ぎ方になるため、大金を手に入れられることもありますが、逆に大金を失うこともあります。つまりはリスクがあります。

しかし、「リスクを恐れていては勝負に勝つことはできない」

大金を手に入れたい方はリスクをとっていただきます。リスクを取ることを恐れなければ、きっと大きなチャンスに出会うことができるでしょう。

注意点です。今回お伝えする方法は、勝つと大金を手にすることのできる方法です。

勝負に勝ち大金を手に入れたときの快感は想像以上です。中毒性があり、時には依存症になってしまう人もいるほどです。引き際だけはお間違えないよう予めお伝えをさせて頂きます。

では、前置きが長くなりましたが、「ギャンブル要素のある儲け方7選」を紹介していきます。

【リスクを征して金儲け】ギャンブル要素のある金儲け7選

ギャンブル要素のある金儲け7選

「リスクを恐れていては勝負に勝つことはできない。」

ということで、リスクを取って大金を得ることのできる稼ぎ方をご紹介していきます。

但し、リスクを取る必要があるからと言って、「一か八かでお金を賭けろ。」という訳ではありません。

この記事では、金儲けの方法を紹介すると同時に、少しでも勝率を上げるための方法も併せて紹介をしていきます。

ここでお伝えする方法以外にも世の中には勝率を上げるための様々な情報が存在します。

「情報」は武器です。「情報」を少しでも多く取り込むことによって勝率を上げ、少しでもリスクの低い状態で勝負に挑んで下さい。

「ギャンブル要素のある金儲け7選」

  1. 競馬
  2. 競艇
  3. パチンコ、パチスロ
  4. 株の信用取引
  5. 仮想通貨
  6. オンラインカジノ
  7. 宝くじ

この記事では、上記の7つの稼ぎ方について紹介をしていきます。

また、上記の7つの稼ぎ方を選ぶうえで、「還元率」というものを参考のひとつにしています。

「還元率」とは、ギャンブルおいて、そのギャンブルの主催者側が利用者側にどれだけの取分をバックしているかという指標です。

還元率が高ければ高いほど、賭けたお金に対して戻ってくるお金が多いということになります。

どのギャンブルで稼ぐのが効率がよいか。稼ぎ方を選ぶ際の一つの指標として参考にしてください。

1、「競馬」で一発当てる

ギャンブル要素のある金儲けの方法、1つ目は「競馬」です。

競馬は国が認める公営ギャンブルの1つで、公営ギャンブルの中では最も市場規模の大きい人気のあるギャンブルです。

TVでも週末になると人気の芸人さんやタレントさんを起用して番組が放送されるなど、老若男女、幅広い層に人気のある国民的なギャンブルです。年に数度ある大きな賞がかかったビッグレースでは非常に大きな盛り上がりをみせます。

競馬の還元率は約70~80%と言われ、ギャンブルの中では上位に位置する数字です。

競馬はデータ分析で勝率を大きく上げられるギャンブルです。初めは覚えることが多いですが、しっかりと過去の数字を分析し、勝てる馬を選べるようになれば勝率は相当高くなります。

また、賭け方も様々なパターンがあり、大金を狙ったWIN5や3連単、少額の勝ち狙いの複勝など、リスクを抑えた賭け方もできます。

>>WIN5的中する確率は?当たりやすい買い方で高配当をGETせよ!1000円で100点買う裏技も。

勝つための裏ワザは、ネットの予想サイトでよく勝つ予想屋を2人ベンチマークし、その2人の予想が被ったときだけ馬券を買う。この方法で僕の友人は150万円を2度勝ちとりました。

また、ギャンブルでよく勝つと噂される芸人さんは、「人気の本命馬は買ってもバックが少なく、確実に勝てると思い大金を張ると負けることもある」という理由で一切賭けないそうです。このように、勝てる人は独自の必勝法を編み出して、大金を稼いでいるようです。

2、「競艇」で競馬よりも簡単に当てる

2つ目は、こちらも公営ギャンブルの1つ。「競艇」です。

最近は人気タレントを起用したCMが話題で、夜間のレースやオンラインからの舟券購入もできるようになり、人気が再燃等してきています。

競艇の特徴は、競馬に比べてレースに参加する選手の数が6騎(競馬はMAX18頭出走)と少なく、初心者でも当てやすいのが特徴です。

また競艇には1コースの選手が1着に来る確率が50%を超えると言われる法則があります。(艇国DB参照)初心者でも当てやすいとよく言われる理由がこのような法則があるからです。

但し、様々な選手がエンジンのパワーが違うボートで競うため簡単に稼げるわけではありません。大金を当てようとするならしっかりと情報を集めることが必須となってきます。ちなみ競艇の還元率は、競馬とほぼ同じ約70~80%です。

必勝法は、1コースの選手が強く、性能の良いエンジンのボートに乗るときだけ賭けるなど、賭け方を工夫すれば勝てる確率をグッと上げることができます。

3、「パチンコやパチスロ」で頑張る

パチンコ

3つ目は、全国どこでも必ずお店があり、非常に身近な存在の「パチンコ・スロット」です。

パチンコ・スロットは公営ギャンブルではないものの、根強い人気を誇り、市場規模はギャンブルの中でも最大規模を誇ります。

還元率は約80~90%と高く、全国どこでも店舗があり、いつでも楽しめるのも人気の要因です。

しかし最近では、規制が厳しくなり、店舗で台の当たる確率をコントロールするようになり、いわゆる「大当たり」が出にくくなったといわれています。

そんなパチンコ・スロットでの必勝法は、台の数値分析回収日、開放日をしっかりと調べておくことです。

この台は何回転で当たりが来ているから、次に当たりがくるのは何回転後ぐらいだろうと目星をつけることで負け続ける回数を減らすことができ、リスク回避になります。。

また、お店側が利益を回収する回収日と利益を還元する(当たりの確立が上がる)開放日を調べておくこともとても重要です。この2つのスケジュールを把握していると勝てる可能性グッとあがることでしょう。つまるところ情報収集が大事ということです。

情報を収集するのに一番手っ取り早い方法は、よくうちに来ている人とお近づきになることです。お互いに情報を交換し、お互いに勝てるような関係性をつくっていくことによって、いつの間にか勝率が上がっていきます。

パチンコの打ち子(サクラ)と呼ばれる闇アルバイトもあるようです。

>>パチンコの打ち子は儲かる?元打ち子たちが実態を暴露!

4、「株の信用取引」を使う

4つ目は株の信用取引で稼ぐ方法です。

株の信用取引は、株式もしくは現金を担保として預けることによって、約3.3倍もの株式投資用の資金を借りることができ、それを元手に株式投資を行う方法です。

信用取引を使うことで、自分の手持ち資金以上のお金を動かすことができ、株価が上がると大きな利益を得ることができます。

しかし、同時に大きなリスクを背負うことにもなります。万が一負けてしまうと担保として預けていたお金以上の損失が発生し負債を抱えることにもなりかねません。

関連記事:■AFPが解説!株の信用取引で追証が払えない時に乗り切る方法

大きな負債を抱えないためにも、「信用枠内で取引をすること」、「デイトレードなどの短期売買での取引の戦略を立てる」など、リスクを下げる方法もあるので、しっかりと勉強をして臨むことをおすすめします。

【閲覧注意】信用枠がない時の裏技

知人の実体験の話ですが、「信用取引の枠を使い切っていて、投資に使う現金がない」という時にアイフルでお金を借り(300万円)株に投資したそうです。その時は見事プラスで終わり、アイフルにすぐに返済することで利息もかからず1日で大金を稼いだようですが、決して真似してはいけません。

ちなみに、こちらの記事の方です。

アイフル即日融資がやばい!計30分以内に50万円→契約から2日後には300万円の増枠

5、「仮想通貨」(草コインなどでギャンブル)

仮想通貨リップル(XRP)

5つ目の方法は「仮想通貨」です。

2017年に仮想通貨バブルと呼ばれる大ブームが到来し、一夜にして億万長者になった「億り人」と呼ばれる人たちが大勢現れました。夜寝て朝起きると、買った仮想通貨が2倍3倍になっているなど、日本中が仮想通貨に熱狂をしました。

しかし、そんな「仮想通貨バブル」も取引所のハッキングで弾け、一夜にして億万長者になった人たちは、今度は一夜にして大金を失うことになり、投資(投機)の恐怖を味わった人も多かったと思います。そして、時を経て2020年末に2度目の仮想通貨バブルが到来をし、「仮想通貨、再燃」と大きな話題となりました。前回同様、上手に高騰の波に乗れた人は莫大の利益を上げたことでしょう。

このように、仮想通貨は値上がりをすると想像以上に高騰をし、一気に大金を手に入れることが可能です。

なかでも「草コイン」と呼ばれる、あまり知れ渡っていない銘柄はギャンブル性が濃く、大金を稼ぐのにピッタリです。草コインで今後活躍する可能性があると注目されることになると、一気に10倍、100倍に価値が急上昇することは度々あります。

しかし、逆に開発が思うようにいかなく消えていく草コインも多数あります。一か八かの可能性に欠けて、草コインに賭けてみるというのも一つの方法です。

最近では「仮想通貨」の投資を専門にするインフルエンサーも増えてきているので、注目の草コインなどの情報も集められるようになってきています。

情報収集を怠らずに草コインで一発逆転の勝負に打ってでましょう。

>>仮想通貨はクレジットカードで買える!メリットとデメリットについても徹底比較

6、「オンラインカジノ」現代のブームにのる

6つ目は、今一番ホットな「オンラインカジノ」です。

オンラインカジノは、世界的に市場規模が急速に拡大しており、日本でも人気が高まってきています。オンラインカジノは名前の通り、オンライン上で行われるカジノで、実際にお金を賭けて配当を得ることができます。スマホ一つでいつでも参加することができ、どこでもギャンブルを楽しむことができます。

ちなみに日本では、カジノでのギャンブルは違法として定められていますが、オンラインカジノは運営会社が海外に存在するため違法にはなりません。安心してカジノを楽しむことができます。

また、オンラインカジノの還元率は驚異の約97%。ここまでオンラインカジノの還元率が高い理由は、実店舗を持たないため運営にかかるコストが非常に低いためです。

このようなことから、オンラインカジノは今最も稼げるギャンブルと言われています。

そんなオンラインカジノでの勝ち方は、バーレー法やマーチンゲール法といった必勝法とよばれる有名なテクニックを勉強して臨むとよいでしょう。中には還元率100%以上なんてゲームもあるようで、必勝法を上手く使って勝率上げて望んでみてはいかがでしょうか。

7、「宝くじ」という昔ながらの方法

最後、7つ目は「宝くじ」です。一発逆転といえば宝くじ。そう決まっているんです。

宝くじは売上をボランティアや福祉などの様々な社会事業に還元をしているので、還元率こそ約50%と低くなっています。

しかし、当たるとデカイのが宝くじ。「億」を超えるお金が手に入る夢のような可能性があることから、人生逆転の夢を信じて、多くの人が宝くじを買いも求めます。

もちろん必勝法はありません。知識や経験も一切必要なく、ただただ『運』のみが勝負を左右するといったシンプルなギャンブルです。

よく当たる販売所やオカルトなどの迷信を信じて購入してみるのも面白いかもしれません。

旨い話には裏がある。

おすすめやポイント

世の中は弱者に付け込む甘い言葉が溢れかえっています。

先ず大前提として、旨い話には裏もしくはリスクが絶対といていいほど存在します。

裏ワザ的な稼ぎ方の先には必ず「負け」が待っています。一時的に勝って儲かったとしても、甘い汁だけ吸ってハイ終わりということはまずありません。

必ず頭の片隅に「旨い話には裏がある。」ということを覚えておいてください。

注意したい甘いワード

「簡単」、「安心」、「楽」。これらの甘いワードには細心の注意を払いましょう。

本来お金を稼ぐということは、人の「心配」、「悩み」、「大変」などの困りごとを解決することで、その見返りとしてお金を手にすることができます。

つまり、汗をかいて人の役に立つからこそ手に入れられるものなのです。

しかし、「簡単」、「安心」、「楽」というワードはお金を稼ぐ行為とは真逆に位置する言葉です。これらの言葉を全面に出してくるような甘い誘いには、必ず疑ってかかるようにしましょう。痛い目を見てからでは取り返しのつかないことになるやもしれません。

表にでたときには既に時遅し

これは、私自身の失敗談です。

私は仮想通貨で失敗したことをきっかけに、現在600万円もの借金を現在返済をしながら生活をしています。

仮想通貨の失敗を通して学んだことは、TVで取り上げられたり、SNSのトレンドで名前が出たときには大きな儲けのチャンスはとうに過ぎているという事です。

私は2007年に到来した仮想通貨バブルをTwitterなどで知り、”これは買わないとアホだ!”と思い仮想通貨の購入をしました。このときはまだ「怪しい」、「なんかちょっと怖い」なんて声もあったので、「今買わないやつは損だ」と思いクレジットのリボ払いを利用してどんどん買い増しをしました。

連日「贈り人」なる人がニュースで取り上げられ、最高潮に過熱をした時、取引所のハッキングを皮切りに仮想通貨バブルは崩壊。購入した仮想通貨の価値はみるみる落ちていきました。

表にでてきたときは既に遅いんです。仮想通貨で本当に大勝した人達は、TVなどのメディアに露出されたときには既に手を引いていて、次の儲け話を狙っています。

人より何倍も早く情報をキャッチして張らなければ大金を勝つことはできません。私はこの仮想通貨の失敗でそのことを強く学びました。

私からお伝えできることは、TVやネットニュースで話題になったものには絶対に飛びつかない。浅い情報収集だけで飛びつくと確実に損をします。

大金を勝つためにはもっと早く情報を仕入れ、表にでるもっともっと前から投資をしなければいけないのです。

間違っても手を出してはいけないもの

世の中には、どれだけお金が欲しくても手を出してはいけないものがあります。

例えば、

  • 銀行口座の売買
  • ショッピング枠の現金化
  • パチンコの打ち子
  • 闇スロ、闇カジノ、非合法ギャンブル

など、つまり法律を犯すようなことです。

これらには絶対に手を出すべきではありません。いくらお金が必要でもです。

その時はなにもなく済んでも、必ずまわり回って貴方にツケが返ってきます。

超えてはいけない一線というものを絶対に守りましょう。

リスクを捨て、堅実に「お金を借りる」のも一手

なにもリスクを取ってギャンブル性のある稼ぎ方をしなくても、堅実に銀行のカードローンや大手消費者金融などから借りるというのも一つの手段です。

お金を借りてもきちんと返せばいい。後々の返済が問題なくできるようであれば、むしろ借りたほうがいい。なんていったって日本国民の10人に1人は何らかの借金をしている時代です。なにも恥ずかしい事ではありません。

リスクを取って大負けして、仕方なく大金を借りるよりは、必要金額の小さいうちに借入を決めて、しっかりと計画的に返済をしていくことのほうが余程賢い選択と言えるでしょう!

今は貸金業法という法律もあり、上限金利や貸付条件などもしっかり法律で管理されているので安心して借りることができます。
また、消費者金融の場合は即日融資も可能なので、急にお金が必要になった!という時にも非常に便利です。

>>キャッシング厳選解析術 2021年版:安心して借りられるおすすめのカードローン

コメント